首イボの知識

アクロコルドンができる原因と対策方法について


アクロコルドンは肌の柔らかい部分にできるイボの一種で、特に首筋や脇の下にできやすいのが特徴です。大きさは2?3mmほどで、痛みも痒みもなく、色は肌色をしています。30代ぐらいから発生することが多く、年を取るにつれて増えていく傾向があります。また男性よりも女性に多いとされています。


アクロコルドンができる原因は、完全には分かっていませんが、加齢によるターンオーバーの衰えが関係しています。紫外線を浴びたり摩擦による刺激を受けたりして、皮膚が老化していくことが原因のひとつです。また遺伝的要因もあると考えられています。イボにはウイルス感染によるものもありますが、アクロコルドンはウイルス性ではなく、放置しておいても悪化することはありません。生活に支障がなければ、治療しなくてよいとも言えます。


しかし悪化しないとはいえ、見た目が良くないことは確かですし、衣類やアクセサリーに擦れて炎症を起こすこともあります。気になるなら美容外科で手術を受け、完全に取り除くことができます。よく使われるのは、液体窒素で凍結させて取り除く方法です。傷跡は1?2週間で消えますが、色素沈着を起こすこともあり注意が必要です。突出したイボはハサミで切り取る方法もあります。そのほか炭酸ガスレーザーや中周波治療器を用いる場合もあります。数が多いときには、一度の施術では全部取り切れないので、再手術を行ないます。


アクロコルドンの除去は、手術の種類によっては保険が適用されます。しかし純粋に美容目的だと、保険は使えないので自由診療になります。また加齢によるアクロコルドンは、切除しても再発することが珍しくありません。アクロコルドンができにくくするには、日頃から紫外線ケアを心がけることや、首筋に余計な刺激を与えないことが大切です。効果の保証された治療薬ではありませんが、首イボケア用のジェルや美容液も発売されているので、試してみるのも一つの方法です。