首イボの知識

首にイボができる原因・できやすい年齢や場所について


首にイボが出来てしまうことがあります。服の種類によってはそれが気になってしまったり、邪魔になってしまう、ネックレスなどをつける時に痛みを感じてしまうこともあります。いつの間にか出来ていてある日突然気づく首イボですが、その原因は主に3つあると言われています。


首イボができる原因の1つ目は加齢です。早い人では20代ごろから出来てしまいますが、多くは30代以降から首イボが出来てしまい、40代後半ごろから始まる更年期を過ぎるとその人数も一気に増えていきます。その原因は衣服などの摩擦や動作を行う際の刺激だと言われており、肌が何かに擦れる刺激のせいで首イボが出来てしまうという説があります。


また、紫外線を浴びた後にも首イボが出来てしまう人が多いため、紫外線も原因の一つではないかと言われています。摩擦や紫外線が肌にダメージを与えると、その部分は肌の老化が進行しやすくなります。肌はその部分を修復しようとする働きが活発になるため、細胞の増殖が過剰になって肌が盛り上がり、首イボが出来てしまうと言われています。


2つ目の原因はウイルスです。ウイルスの感染によってできたイボはそのまま放置しておくと衣服の摩擦などの刺激によってウイルスの感染が広がって行くためイボの数が増えて行ってしまいます。また、本人だけではなく家族にまで感染を広げてしまう可能性があります。ウイルスの感染というと痛みなどが伴うように感じますが、痛みもないため放置しておいて次々に症状が広がって行くケースが少なくありません。


3つ目の特徴は体質だと言われています。肥満傾向にある人にできやすいと言われています。


このように、首イボができる原因は紫外線ケアを行ったり、日ごろから肌を綺麗にしておきバリア機能によってウイルスの感染を防ぎ免疫力を上げておくことで予防できるものがほとんどです。予防を行っても出来てしまったものは病院で治療を受けることで完治させることが可能です。