首イボの知識

ピーリングで首回りにできやすい角質粒を取ることができる?


顔や首にできるイボのような吹き出物は、老人性イボとも呼ばれる角質粒のことをいいます。


これは皮膚の良性腫瘍のひとつで、医学的には脂漏性角化症といわれるものです。皮膚の老化現象のひとつで、紫外線を浴びることによってメラニン色素が作られ、真皮までダメージが行かないような働きをします。通常は肌のターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられて、角質と一緒に垢として排出されます。


しかし、加齢などで肌のターンオーバーがスムーズに行かなくなると、少しずつメラニン色素は蓄積されていってしまいシミになったり、表面がざらざらと固くなってイボになってしまうなどの症状に繋がります。


長期的な紫外線ダメージによって起こる光老化も原因のひとつで、光老化によっても皮膚は厚くなり色も濃くなるなどの症状が起こり老人性イボも起こると考えられています。この角質粒を取るためには、皮膚科で液体窒素による冷却療法やレーザーで焼き切る切除療法などを行なうことができます。大きくなった場合には、このような治療が有効ですが、初期に気づいて適切なケアを行なうことによって自宅でも十分ケアすることができます。


角質粒は老廃物の一種ともいえます。そのため古い角質を除去するピーリングが角質粒を除去するためには有効です。一度で無くすことは難しいですが、何度か行なうことによって徐々に小さくしていくことができ、新しい角質粒を予防することにも繋がります。


除去するというよりも、肌のターンオーバーを正常にすることで小さくしていくものになります。やり方は簡単で気になる顔や首回りなどにピーリング剤を塗って、古い角質を落としていくだけです。しかし、やり過ぎてしまうと肌に必要な角質まで取り除いてしまい、かえって肌の負担になってしまうこともあります。


そのため、週に1回のスペシャルケアとして利用することがおすすめです。また、肌の健やかさを保つには保湿をしたり、紫外線対策として日焼け止めなどを塗るなどをしていくことも大切です。