顔イボの知識

顔のイボを病院で除去する治療費用はいくらぐらいかかる?


顔イボの大きさによって治療費が変わるのではなく、保険の適用対象となるか否かが治療費の大きな違いに繋がります。イボの除去に使われる治療法は、液体窒素やレーザーを使ってイボを除去するか、医療用のメスやハサミを切除するといった手法が主流です。


その中で保険が適用されないのはレーザーを使った治療で、一ヶ所につき5000円や7000円ほど必要になります。YAGレーザーと比べると炭酸ガスレーザーの方が、治療費を安く済ませられる事が多いのですが、その治療費の差は1000円から2000円ほどです。レーザーを使ったイボ除去は保険が適用されない代わりに、一回でイボを切除できる事が多いのも大きな利点となります。ただしイボの数が多い場合には、3万円や5万円ほどの治療費が必要になる事もあるので気を付けてください。


液体窒素を使った顔イボの除去は、保険適用によって数ヶ所につき1000縁程度で治療を受けられるようになっています。一度に何ヶ所ものイボに治療を行えるために、対象となるイボの数が少しばかり多くなったとしても、治療費が大きく変動する事はありません。


しかし液体窒素を使ってイボを取り除こうとすると、火傷状態になったイボのかさぶたを除去する作業を何度も繰り返す必要があります。それによって治療費が膨らんでしまい、保険適用であっても想像よりも治療費を多く支払う事になる場合もあるので注意をしてください。小さなイボであれば数回程度の治療で取り除く事も可能だからこそ、保険が適用される治療法ならではのお得さを感じられます。


医療用のハサミで顔イボを除去する際にも保険は適用されて、一ヶ所に付き500円程度で済ませられる事も多いです。局所麻酔の費用が別に必要になる場合もありますが、その麻酔の量も少なくて済むために、そこまで大きな負担にはなりません。ハサミでイボを切り取った後の止血作業なども治療費に含まれているので、後から治療費が大きくなってきたと悩まされることもないでしょう。


また、角質ケア成分配合のザラザラ対策ジェルを使い始める方も最近増えているようです。


参考:イボ・角質ポロリの「艶つや習慣」